電話でのご予約・お問い合わせは

TEL.050-1234-8889

とんぼ

  私がまだ神社で神主をしていた頃、神殿の中にトンボが入っていました。トンボは自分が入ってきたところが分からなくて、神殿から出ることができませんでした。おそらく始めは出ようとしたのでしょう。羽が傷んでいました。そして出ることを諦めたかのように、御神鏡の下にいました。私はトンボに指を差し出すと、指を上って来ました。そのトンボはオニヤンマで、とても美しいエメラルドグリーンの目をしていました。エメラルドグリーンは大天使ラファエルや観音(クァン・イン)に代表されるように、癒しの色と認識されています。私はその美しい目を見ながら、
「私に必要な光があったら流してね。」
とお願いしました。すると、オニヤンマは美しい光と波動を私に流し始めたのです。それまでの私は、より高い波動を、より強い波動を求める傾向がありました。それが、自分の為だと、世の中の為だと思っていたのです。しかしトンボは教えてくれたのです。森羅万象、あらゆる生命は全て美しい光に満ちていることを。
 私はお礼に、ハートから光を出してトンボを包み込みました。そしてそのまま外に出ました。
「ありがとう。でもお前には、やっぱり自由がよく似合う。」
そう言うと、トンボは私の指を飛び立って、鎮守の森に消えていきました。

ぜひ皆さんも木や花、動物、虫、あらゆる生命に語りかけてみてください。春の喜びを一層盛り立ててくれるでしょう。