電話でのご予約・お問い合わせは

TEL.050-1234-8889

判断

 2007年の冬至前後より、強力な光の下、様々な浄化・現実を体験している方も多いと思います。その中でも最近特に多い相談事は人間関係ですね。今まで何とか上手く自分を偽って誤魔化してきたものが、いよいよ誤魔かしきれなくなってきた感じが益々します。特にコントロール関係にある状態では、本来の自由を求めて感情の爆発が起こっているようです。

 浄化のプロセスは低いエネルギーを浄化・現象化して行きますので、人情的には楽しくないことがほとんどです。俗に言う凶悪犯罪なども起こってきますが、そういった膿み出しの現象に対してのあまりにも人情的な感情を、意識を変えることによって乗り越えることが大切だと思います。


 例えば、車を運転していて前の車がゆっくり走っている場合、イライラしてくる時がありますが、その車を追い越し車線で抜いた時にチラッと見たら、赤ちゃんが乗っていたと知った時、ゆっくり走っている原因が分かりイライラがなくなる場合があります。つまり車の後ろに付いていた時は、ゆっくり走っている意味が分からない為に、自分の都合で物事を考え、一人で感情を乱していたことが分かります。そのように私たちは本当の意味、大きな意味では神の意思と言っても良いかもしれませんが、それを感じることなく、自分の価値観で判断を下し、良し悪しのレッテルを張り、感情の独り相撲を取ってしまいがちです。

 最近問題になっている温暖化も、地球を大切にしていくという学びを提供するということと同時に、アセンションに向けての地球を、人間が意識的であれ、無意識的であれ、神の使者として創造しているとも言えます。

 またオゾンホールに関して、もし新しい魂たちにはそこから入ってくる光・エネルギーが必要であるとしたら、また原子力に関して、物質が持つエネルギーを開放すること、そのことが物質世界を新たな次元に引き上げることに繋がる大切な役割であるとしたら、どうでしょうか?

 神の意思を我々の頭脳で全て理解することは不可能ですが、自分の価値感で物事を判断することは、出来事にある背後の意味を見失ってしまうことになる場合があります。

 本来日本人は、頭脳で明晰に理解すると言うよりは、全身の感覚で感じ取るのが長けていたのですが、その感覚を思い出すこと、遺伝子を目覚めさせることは、神と共に生きていくのであれば、必要になってくるでしょう。そしてその背後を少しでも感じ取れるようになると、全ての事柄に対して『ありがとう』と言わざるを得ないのです。

 この激しい浄化の時を、感謝を持って乗り越える為に、物事の背後に潜む意味を感じ取れるように、心掛けて行って頂きたいと思います。