電話でのご予約・お問い合わせは

TEL.050-1234-8889

聖地

 鹿児島県には九州の代表的な聖地の一つ、霧島があります。三年前、私が初めて霧島を訪れた時感じた事は、手付かずの自然が多く残っているという事でした。それはまるで富士山の樹海を見るようでした。実は、手付かずの自然の中には、今我々に知られている聖地に勝るとも劣らない秘密が隠されています。自然の精霊達は、愛の心でそのパワーを使ってくれる者たちが来ることを望み、その秘密をずっと守り続けているのです。

 夏至の日に霧島に行きましたが、今はこの上も無く優しく穏やかな波動が当たり一帯を包み込んでいます。かなり広範囲です。霧島の神々も動き始めたようです。お正月に訪れた時はまだ感じませんでしたので、あまりの急激な変化と広範囲さに正直驚きました。

 それにしても素晴らしい波動です。この霧島の波動に包まれていると、『あ〜、本当に天国はやってくるんだな〜。』と疑いなく思ってしまいます。少なからずの人たちが、祈りやライトワークを行ってくれた賜物ですね。数年前までは、何時の日か必ず変わると信じてライトワークを行っていましたが、今はその成果を実感できるようになりました。時代は急速に変わっていますね。

 それはヒーリングをしていても感じます。特に若い人たちは、インディゴとかクリスタルチルドレンとか言われていますが、今までスピリチュアルな事に全く興味を持っていなかった人をヒーリングしている時、『今、神様来たけど分かる?』と聞くと、『これが神様かどうかは分からないけど、何か来てます。』と言う人がいます。『ん〜、我々の今までの努力は何だったのだろうか?』と思ってしまうほど、あっけないですね。これらの魂の持ち主たちは、我々の、と言うよりは宇宙の希望の星ですから、できるだけ住みやすい世界を、彼らの能力をいかせる世界を用意しておきたいものです。


 スピリチュアルな学びを始めた人たちにとって、聖地を訪れることはとても大切です。聖地の優れたエネルギーに身を置くことによって、波動を引き上げてもらうことができるからです。しかしその際、何度も言うようですが明確にお願いしましょう。『この聖地に関わる神々よ、マスター達よ、精霊たちよ、私を必要な光で満たしてください。必要なヒーリングをしてください。』のように。確かサイババは次のような意味のことを言っています。『あなた方の望みは神は全て知っている。しかし神はあなたの言葉が聞きたいのだ。』と。だから遠慮はいりません。

 そして学びを続けていくと、今度は愛や光を使うことによって、より多くの光を扱えるようになってくる事を学びます。祈りやヒーリング、ライトワーク(儀式)を行うことによって奉仕し(自己犠牲の意味は一切含みません)、自分を成長させていきます。ヒーリングを学んでないから、と思う必要はありません。傷ついた人の話を聞いてあげる、そして励ましの言葉を掛けるという事も立派なヒーリングです。

 そうしていくうちに、今度は神々だけでなく、鳥や虫、風や雨など天地自然が我々と行動を共にしてくれていることを感じてくるようになります。このことを体験してくると、『全ては繋がっているんだな。』とか、『本当に全ては一つかもしれない。』という思いが芽生えてきます。感動と感謝の連続です。


 さあ、皆さんも神々と、聖地と上手にお付き合いをしてください。そうすれば何時かきっと、私たちは何という美しい星に生きているんだろうと思える時が来ると思います。