電話でのご予約・お問い合わせは

TEL.050-1234-8889

怒涛の波

 春分の日の阿蘇山のパワーはとても素晴らしいものでした。阿蘇山の自然のエネルギーと言うよりは、もっと別のものという感じが個人的にはしています。ピラミッド的と言いましょうか、ニュアンスとしてはそのような感じですね。地球に秘められた神秘のパワーの可能性もありますが。そして、何よりもとても強烈でした。

 私はこのエネルギーに触れて、「あ〜、これで一気に行く気だな」と思いました。阿蘇山にお越しになった方は分かると思いますが、阿蘇山の周辺も含めて、かなり広範囲にエネルギーが広がっています。あの素晴らしい磁場の中において、春分の日の阿蘇山は、更に一層強烈なエネルギーを放ち、周囲との圧倒的なエネルギーの温度差を感じました。(これは春分の日のことで、徐々にそのエネルギーは広がり、周囲との温度差はあまり感じなくなっていきます。)人間的に言えば、優しさに厳しさが加わった感じですね。ヒーリングというよりは、根底から揺さぶっていく光のように感じます。

 ですので、今浄化の波に翻弄されている方が少なくありませんが、そのようなプロセスに入ったことをご理解下さい。スピリチュアルな学びを上手く進めてきて、既に喜びの中で生きている方もいらっしゃいますが、そのような人達の中にも、再び逆戻りしてしまったような印象を与える浄化が起こっている場合があります。
 例えて言うなら、棚の目に見える部分はいつも綺麗だったけど、棚の裏にはまだ埃が溜まっていたので、掃除する必要が出てきたと言うことです。ですから逆戻りではありません。


 また、浄化というよりは、必要な愛の学びという場合も多々あると思います。『光と闇』、『生と死』、『愛と不安』、『自由と支配』等のような学びですね。私もかつてとても苦労したことがあります(勿論まだ学びの身ですが)。しかしこの苦労は必ず報われます。今は大変でしょうが、先延ばしすることなく、学びを真摯に受け止めて素晴らしい愛と光を身に付けて頂きたいと思います。

 それではどうしたら良いかということですが、結局のところ、日常の生活の中では、イエスキリストが教えたように、『汝の敵を愛せ』、『汝の隣人を愛せ』が基本になると思います。つまり我々は、2000年以上もイエスの教えを守れなかったわけですね。
 また、この教えを守ることを困難にするものがあることも事実です。過去生や先祖、土地、星の因縁などですね。しかし地球の波動が上がってきた今、この潜在的なものが表面化して浄化されつつあります。ある意味千載一遇のチャンスです。人によっては、怒涛の波となって押し寄せるものがあると思いますが、神もそれは理解しているでしょうし、乗り越える力があることも理解しているでしょう。実際には我々一人ひとりが神であり、自分の現実を創造しているのですが、周りの人たちと助け合って、上手く乗り切って頂けたらと思います。